京都府宇治市、城陽市、八幡市、綴喜郡の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宇治店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社WORLD宇治店

施工実績累計

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-99-1550
営業時間 9:00~18:00 (年末年始・お盆のみ)

スタッフブログ

外壁塗装をお考えの方へ!紫外線に強い塗料を紹介します!

「紫外線に強い外壁にするにはどうすればいいか」
「紫外線に強い塗料ってどのような種類があるのかな」
このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、紫外線に強い塗料の特徴と、実際に数種類の塗料についてご紹介します。
塗料の特性を押さえ、最適な塗料を選択しましょう。

□紫外線に強い塗料の特徴について

外壁の劣化を引き起こす大きな要因が、紫外線です。
一般的に塗料で使われている白色顔料の主成分「チタン」は、紫外線の影響を受けると「ラジカル」と呼ばれる劣化要因を発生させます。その劣化要因を発生すると、樹脂の結合が破壊され、塗膜が劣化してしまいます。

しかし、紫外線対策は、ラジカル制御型塗料を用いたり、外壁塗装に使われる塗料を工夫することで実現できます。

次の章では、実際の塗料をご紹介します。

□紫外線に強い塗料例について

1)アステックペイント「シリコンREVO1000」

シリコンREVO1000は、建物を永く美しく守るために作られた次世代型ハイクラスシリコン塗料です。塗料の劣化原因となる「ラジカル」の発生を抑制する「ラジカル制御型白色塗料」を採用し、塗膜の劣化を抑えます。

また、ラジカルが発生した場合にも、シールド層がラジカルの放出を防ぐため、樹脂が破壊されにくく、劣化を抑制します。

2)アステックペイント「フッ素REVO1000」

フッ素REVO1000も、シリコンREVO1000と同様に「ラジカル制御型の白色顔料」を配合しています。

また、この塗料は結合力の強い「完全交互結合型フッ素樹脂」を配合し劣化を抑制します。
フッ素樹脂は、劣化しやすい成分同士で結合している、交互性の低い箇所があり、その箇所が紫外線に破壊されることで塗膜の劣化が進行します。フッ素REVO1000は、劣化しやすい箇所が少ない「完全交互結合型フッ素樹脂」の採用により、紫外線に対して優れた耐候性を発揮します。

3)アステックペイント「超低汚染リファインシリーズ」

超低汚染リファインシリーズも、上記塗料と同様、「ラジカル制御型の白色顔料」を配合しています。

また、超低汚染リファインシリーズは、無機成分の配合により、緻密で強靭な塗膜を形成します。そのため、粒子の細かい汚染物質さえも突き刺さりにくく、長期にわたって美観を維持し、一般的な塗料より長く遮熱性を発揮し続けます。

 

□まとめ

今回は、紫外線に強い塗料の特徴と、実際に数種類の塗料についてご紹介しました。
当初の疑問が解決できたのではないでしょうか。

性能が良いものはそれだけ価格も上がります。
場面に応じた選択を心がけましょう。
また、何かご不明点やご質問等ありましたら、当社へお気軽にご連絡ください。

人気記事