京都府宇治市、城陽市、八幡市、綴喜郡の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宇治店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社WORLD宇治店

施工実績累計

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-99-1550
営業時間 9:00~18:00 (年末年始・お盆のみ)

スタッフブログ

外壁塗装するべき時期は?3回塗りの重要性も併せて紹介します!

「外壁塗装するべき時期の目安を知りたい」
「外壁塗装において3回塗りが重要な理由を知りたい」
このようにお考えの方は必見です。
今回は、外壁塗装の時期の目安について解説します。
3回塗りが重要な理由も併せて解説するので、ぜひ参考にしてください。

□外壁塗装するべき時期の目安を紹介します!

ここからは、外壁塗装するべき時期の目安について紹介します。

結論としては、築10年が目安です。
日本の住宅の約80パーセントを占めると言われる窯業系サイディングボードは、主成分がセメントです。
もともと防水性能がないため、工場出荷時に塗装することで防水性を持たせています。

しかし、その防水性能も5年から7年で切れてしまいます。
さらに、その他の外壁材もほとんどが同様の年数で最初の防水性が切れてしまうため、10年が目安です。

外壁塗装には2つのメリットがあります。

1つ目は、建物の見た目を保つことです。
いつも風雨や紫外線に晒されているため、だんだん色あせや塗膜の汚れ、劣化が目立ってくるでしょう。
しかし、外壁塗装すれば劣化していた外壁塗膜を綺麗にでき、新築のような輝きを取り戻せます。
また、新築時とは違ったデザインや色に変更できるため、気分転換できます。

2つ目は、外壁を保護することです。
塗料を塗って塗膜を作ることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守れます。
定期的にメンテナンスして、建物の耐久性を高めましょう。

□3回塗りが重要な理由を紹介します!

3回塗りをするのが外壁塗装の基本で、塗料メーカーもそれを前提に塗料を開発しています。
外壁塗装において3回塗りが重要な理由は、それぞれの工程に役割があるからです。

1回目の下塗りには、2回目の中塗りと3回目の上塗りを密着させる役割があります。
しっかり密着させることで経年劣化や剥がれを防げるため、下塗りは重要です。

2回目にする中塗りには、塗り残しや色ムラを防止する役割があります。
下塗りの上に直接塗装すると、塗りムラが出たり、下地が透けたりします。
また、1度に厚く塗ってしまうと、塗料が垂れて綺麗な仕上がりにできません。
美しく仕上げるための下準備として中塗りは重要です。

3回目にする上塗りには、仕上げをする役割があります。
下塗りと中塗りをすることによって、上塗りで美しい塗りと外壁の耐久性を確保できます。

□まとめ

この記事では、外壁塗装するべき時期の目安と3回塗りが重要な理由について解説しました。
外壁塗装の時期でお悩みの方は、本記事を参考にしていただけると幸いです。
また、外壁塗装をご検討中の方は、ぜひプロタイムズ宇治店までお問い合わせください。

人気記事