京都府宇治市、城陽市、八幡市、綴喜郡の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宇治店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社WORLD 宇治店

施工実績累計

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-99-1550
営業時間 9:00~18:00 (年末年始・お盆のみ)

フリーダイヤル0120991550

スタッフブログ

風呂場のリフォームをしたい方必見!2つの工法の違いと相場について解説します!

風呂場のリフォームをお考えの方は、多くいらっしゃるでしょう。
風呂場を清潔で快適なものにするために、リフォームは非常に有効な手段です。
今回は、風呂場のリフォームにおける2つの工法の違いと相場について解説します。
ぜひ参考にしてください。

□ユニットバスと在来工法の違いとは

風呂場の工法には、ユニットバスと在来工法の2種類が存在します。
それぞれ異なるメリットがあるため、その特徴を理解しておきましょう。

*ユニットバスとは

ユニットバスとは、床や壁などの風呂場の各パーツを工場で生産しておき、それらを現場で組み立てる工法です。
ユニットバスのメリットは、隙間が少ないことです。
隙間が少ないことで水漏れの心配がほとんどない上に、断熱性にも優れています。
また、在来工法と比べて工事が簡単なため、工期が短いこともメリットとして挙げられます。

*在来工法とは

在来工法とは、現場に防水加工をした上で床や壁を作っていく工法です。
在来工法のメリットは、オーダーメイドであるため、デザインの自由度が高いことです。
デザインにこだわりたい方におすすめの工法であるといえます。

□風呂場をリフォームする費用と相場について

風呂場のリーフォームは主に3種類に分けられます。

1つ目のパターンは、ユニットバスを新しいユニットバスにリフォームするものです。
この場合、ユニットバスのサイズとグレードによって費用が変わります。
具体的には、ローグレードであれば60〜80万円程度、ミドルグレードであれば70〜90万円程度、ハイグレードであれば90〜120万円程度が相場です。

2つ目のパターンは、在来工法の風呂場をユニットバスにするものです。
この場合は、ユニットバスのグレードと下地補修の有無によって費用が変動します。
相場は、ローグレードで60〜80万円程度、ミドルグレードで70〜90万円程度、ハイグレードで95万円〜110万円程度です。

在来工法では、築年数が経つとタイルの隙間からの水が侵入してくるため、風呂場が腐っている場合があります。
そのため、下地補修が必要な場合は相場に追加で5〜15万円かかります。

3つ目のパターンは、在来工法のままリフォームするものです。
ユニットバスが使えない状況の場合は、在来工法のままリフォームすることがあります。

この場合に費用が変動する要素は浴槽や床、壁の素材です。
グレードが低いFRP素材の浴槽にする場合は40〜50万円程度でリフォームできます。
また、グレードの高いホーロー素材の浴槽にする場合は、50〜60万円程度かかります。

□まとめ

風呂場のリフォームにおける2つの工法の違いと、その相場について解説しました。
リフォームの工法によって風呂場の使い心地は大きく変化します。
そのため、自分にとって最も快適に暮らせるような工法を選びましょう。
気になることがあれば、お気軽にプロタイムズ宇治店にお問い合わせください。

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*::*:*:*:*:*:*:*:*:*:

▼屋根・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら▼

【プロタイムズ宇治店 (株式会社WORLD)】

〒611-0002 京都府宇治市木幡南山15-3

【TEL】0120-99-1550

【FAX】0774-31-1556

🌸メールでのお問い合わせはこちらから🌸

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*::*:*:*:*:*:*:*:*:*:

人気記事