京都府宇治市、城陽市、八幡市、綴喜郡の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宇治店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社WORLD宇治店

施工実績累計

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-99-1550
営業時間 9:00~18:00 (年末年始・お盆のみ)

スタッフブログ

雨漏りを放置しているとどうなる?恐ろしい被害について詳しく解説します!

雨漏りが気になっているという方はいらっしゃいませんか。
一方で、雨漏りを放置しても大丈夫だとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回の記事では、雨漏りの被害と起こった時の対応について詳しく解説します。

□雨漏りによる被害とは?

*住宅被害について

雨水が浸透すると、天井にシミができて見栄えが悪くなります。
また、壁紙の接着剤が剥がれて浮いてしまうこともあります。

壁紙を張り替えても、雨漏りの原因を解消することができなければ同じことが起こるので、まずは雨漏りを止めることが必要です。

*害虫・害獣被害について

雨漏りによって湿った木材にはシロアリが集まってきます。
これは木材がシロアリの餌となるためです。

シロアリが建材を食い荒らすと、建物の強度が低下し、地震で倒壊する可能性が高くなります。

また、湿度が高いとシロアリだけでなく、木材を分解して腐らせる菌を呼び寄せてしまいます。
そうなれば、さらに建物の強度が低下し、価値が下がってしまいます。

*健康被害について

雨漏りを放置したために室内の湿度が高い状態が続くと、人の健康に悪影響を及ぼします。
例えば、天井や壁紙の裏に雨水がたまることでカビが発生し、アレルギー反応を起こすことがあります。

また、ダニの死骸やネズミの糞、湿気で溜まった抜け毛などもアレルギーの原因になります。

□雨漏りが発生したときの対応とは?

この章では雨漏りが発生したときの取るべき対応を紹介します。
屋根の雨漏りを、自分で修理することはおすすめしていません。

高所での作業は危険なだけでなく、プロでも水漏れ箇所の特定は困難です。
基本的には業者に修理を頼むことをおすすめしています。

しかし、会社に頼む場合も応急処置を行っておきましょう。
どこで雨漏りが起こっているか判断できない場合は、ブルーシートを使用して広い屋根を覆うようにすると良いです。

雨の進入場所が特定できる場合は、防水テープを貼ることで、一時的に雨を防ぐことが可能です。

応急処置をしても雨漏りが続くようでしたら、会社に依頼しましょう。
専門家に依頼して適切な調査を実施することにより、水漏れの原因を特定できます。
調査では屋根に登り、屋根裏に入って入念に点検します。

□まとめ

今回の記事では、雨漏りを放置しておくと起こる恐ろしい被害について解説しました。
雨漏りを甘く見ないように気をつけて、早めに修理するようにしましょう。

プロタイムズ宇治店では建物の雨漏りに関する調査を実施しています。
疑問やお困りのことがございましたらお気軽にご連絡ください。

▼屋根・外壁塗装のお問い合わせ・お見積り(無料)はこちら▼

【プロタイムズ宇治店 (株式会社WORLD)】

〒611-0002 京都府宇治市木幡南山15-3

【TEL】0120-99-1550

【FAX】0774-31-1556

🌸メールでのお問合せはこちらから🌸

人気記事