京都府宇治市、城陽市、八幡市、綴喜郡の外壁塗装・屋根塗装ならプロタイムズ宇治店にお任せください!

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社WORLD 宇治店

施工実績累計

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-99-1550
営業時間 9:00~18:00 (年末年始・お盆のみ)

フリーダイヤル0120991550

スタッフブログ

屋根材にお悩みの方へ!ルーフィング葺とスレート葺の違いを解説します!

「自宅の屋根材選びに悩んでいるが、知識がなくて困っている」
「ルーフィング葺とスレート葺が気になるので、双方の特徴について知りたい」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、ルーフィング葺とスレート葺の特徴について紹介します。
お客様のお悩み解決に役立ててください。

□ルーフィングについて紹介します!

屋根材の下に敷かれ、住居内に雨水を侵入させない役割を担っている素材のことをルーフィングと言います。
「防水の役割を果しているシート状の建材」と捉えてください。
ルーフィングはアスファルト性のものが多いので、アスファルトルーフィングと呼ばれることもあります。
通常、屋根の下に敷かれ、目に見えない状態にあるため、家を建てる際に重視されない場合があります。

故に、住宅の設計士や建築を担当する会社が独断で選んだシートが使用されることが多いです。
しかし、ルーフィングは屋根の本体と同等以上に、家を守るために大切な建材であるため、会社任せにせず一緒に選ぶようにしましょう。
また、建設コストを抑えることで、品質の悪いルーフィングを選んでしまわないように注意しましょう。
このような事態を防ぐためにも、ルーフィングの知識を頭に入れるようにしてください。

□スレートについて紹介します!

セメントや石を、薄い板のように加工した屋根材のことをスレートと言います。
コロニアルと言われる場合もあるので覚えておきましょう。
スレートには、セメントでできている化粧スレートと、天然石でできている天然スレートの2種類が存在します。
日本では、重量が軽く比較的安価なことから、化粧スレートがよく使用されています。

スレートは、上記で紹介したルーフィングに比べて価格が安いことが特徴です。
広い範囲で使用されているため、施工業者が多い点も魅力的なポイントです。
安価で施工しやすいスレートですが、色落ちしやすいため、ルーフィングよりも短期間でメンテナンスする必要があります。
割れやすいことや防音性が低いというデメリットも存在するので、選ぶ際には注意が必要です。

□まとめ

ここまで、自宅の屋根材選びにお悩みの方に向けて、ルーフィング葺とスレート葺の特徴について紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
ルーフィング葺とスレート葺の双方とも、快適な生活を送る上で欠かせない素材です。
メリット・デメリットを把握した上で、納得のいく素材を選びましょう。

人気記事